ヘッドライトの進化

古くから自動車に取り付けられていたヘッドライトですが、自動車の進化と共にヘッドライトも進化を続けていました。カバーの素材もガラスから樹脂製に変化して加工がしやすくなると共に衝撃にも強くなりましたし、ランプもハロゲンランプからLEDランプへといった具合により明るくしたりより節電する事が出来るようになったりしています。その他にも様々な点で進化を続けており、これから先もヘッドライトの進化に目を離せません。

 

ヘッドライトの進化の最たるものとして話題となった機能の一つがAHS(アダプティブ・ハイビーム・システム)です。このシステムはハイビームを先行車や対向車に当てないようにするシステムで、先行車のテールランプや対向車のヘッドライトを光センサーでキャッチして直接先行車や対向車にハイビームを当てないように光源の位置を調整してする事が出来ます。今までハイビームを利用している最中は先行車や対向車が出てきた時にはきるのがマナーでしたが、これからは周りのことを自分で考えるだけでなく自動車自体も周りのことを考えてくれます。このシステムは現在最新のレクサスに搭載されているそうなので、気になる方は公式サイトなどをチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。