ヘッドライトの歴史

自動車の装備としては当たり前のように装備されているヘッドライトは自動車の進化と共に進化し続けてきました。ヘッドライトの歴史は意外と古く、初めてヘッドライトが装備された自動車が販売されるようになったのが100年以上前のことなので、既に一世紀以上もの間夜道の運転をサポートしてきたのだそうです。

 

T型フォードに始めて搭載されたヘッドライトはアセチレンか石油ランプが用いられていましたが、そこからしばらく経った1920年代には反射鏡に白熱電球を取り付けるようになり、1940年代には反射鏡と全面レンズを設置したシールドビーム電球が採用されたことでヘッドライトの明度が飛躍的に向上し、長い間現役のモデルとして使われ続けたといいます。そこからも進化を続け、使用する電球もハロゲンタイプになったり、最近だとLEDランプが主流になりつつあります。

 

行き着くところまでいったような雰囲気すら感じるほどの進化を続けているヘッドライトですが、まだまだその進化は続いています。対向車に対してハイビームが当たらないようにするシステムなどより利便性を増したヘッドライトも開発され、これから先ヘッドライトの歴史がどのように刻まれていくのか非常に楽しみです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。