点かなくなったら

ヘッドライトは暗い夜道を安心して運転するためには必要不可欠な存在です。しかし長年使い続けているとヘッドライトもかつての能力を失い、光が弱くなったり最悪の場合転倒しなくなってしまいます。もしヘッドライトがつかなくなった場合どのようにして機能を回復させれば良いのでしょうか。

 

ヘッドライトが付かなくなる原因は色々ありますが、まず起こりやすいのが電球切れです。もしヘッドライトが点かなくなっていた場合は一度ハイビームにしてみてライトが点灯するかどうか確認してみてください。ハイビームはロービームよりも使用回数が少ないので点灯するかどうかでロービームが電球切れになっているかどうか確認する事が出来るはずです。電球はカーショップなどで売られているので自分で交換すれば安く修理する事が出来るでしょう。

 
それ以外の原因だと回線などにトラブルが発生している可能性があります。ヘッドライトの配線類は雨水によって痛んだり外部からの衝撃によって外れてしまったりなど良くトラブルを引き起こしがちなので注意してください。こちらの修理は専門的な知識が無ければ難しいのでそういった知識がないという方は修理工場やディーラーなどに相談して修理してもらいましょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。