故障の原因

長年同じ自動車に乗り続けていると当然その自動車は様々なパーツが劣化していきます。ヘッドライトも例外ではなく、長年酷使させてきたヘッドライトは少しずつその機能を失い、最終的には点灯しなくなります。こうしたヘッドライトの点灯不良には様々な原因が考えられ、それぞれの原因に対応したメンテナンスを行わなければ再びヘッドライトがつくことはありません。もしヘッドライトが点かなくなってしまった時はその原因を探して適切な処置を施すようにしましょう。

 
ヘッドライトが付かなくなる原因として最も考えられるのが電球切れです。チェック法はロービームよりも使用頻度の低いハイビームを使用してみて点灯するかどうか確認するだけです。メンテナンスも電球交換だけで済むのですぐに終わらせる事が出来るでしょう。それ以外の原因だと各配線の不良が考えられます。ヘッドライトの隙間から雨水が入り込んで配線に異常を引き起こすなど原因は様々ですがこちらは専門知識が無いと修理が難しいので修理工場に行くのが一番確実です。

 

その他にもリレーの異常やヒューズ切れ、バッテリーの寿命など様々な原因が考えられますが、自動車についてあまり詳しいことは分からないという方は大きなトラブルが発生しないうちに修理工場やディーラーのところに足を運びましょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。