ヘッドライトの黄ばみ

長い間同じ自動車に乗り続けていると至るところから老朽化を感じるようになってくるものですが、ヘッドライトも長く乗り続けることによって少しずつ劣化していってしまいます。特に分かりやすく現れてくるのがヘッドライトの黄ばみで、ヘッドライトの材質がガラスからプラスチック樹脂製になったことでこの変化に悩まされる方は急増しました。ヘッドライトの黄ばみは見た目が非常によろしくないだけでなく、ヘッドライトの光量にも影響を与えるのでなるべく早く対策を講じるようにしましょう。

ヘッドライトの汚れや黄ばみは比較的容易に取り除く事が出来ます。さすがに新品同様にするのは難しいかもしれませんが、少なくとも何もしない状態のままでいるよりはずっと綺麗な状態にすることができるでしょう。ヘッドライトの黄ばみは専用のプラスチックコンパウンドを利用しましょう。この時粒子が大きいコンパウンドを私用すると黄ばみを取るどころかヘッドライトが真っ白になって余計に汚くなってしまうので、同じコンパウンドなら問題ないだろうと専用のもの以外のコンパウンドを使用しないようにしてください。もし専用のコンパウンドが見つからない場合は出来る限り細かい粒子のコンパウンドを使用するようにすれば同じような効果を発揮してくれるはずです。

コメントは受け付けていません。